すまいの感想2:Blue Wind 21

施主様から頂いたメールをご紹介します。

 

うちと時期の近い、竹田さん、キチキチさんはもう すっかり顔なじみのトリオのようで、他人の家といえども なんだか自分家のような愛着感がありますね。
今見ると、竹田さんにしてもキチキチさんにしてもなかなか 変わった敷地のカタチですよね。でもうちのように他の家に はさまれていないぶん、工事もやりやすかったのでしょうか?
キチキチさん宅もぜひ、本物を拝見したいですねえ。

先日、東京の姉が一晩泊まりにきました。
おいっこたちが家をどんなふうに感じているのか興味があるらしく
「あんたたち、いいよね~、こんなきれいで楽しいおうちで?・」と
しきりに言ってました。
やすあきのお友達のおかあさんにもよくいわれるんですよ、「階段が あってかくれんぼもたのしいよね」って。
ちょっと敏感なかたには 手すりや階段の鉄骨があぶないなあと感じられているようですが。

そしてやすのりは外からうちのいえが見えてくるといつも喜んで
「のりちゃんのおうちみえてきた!」と言います。
家の中でも急にしみじみと「ここはのりちゃんのおうちやなぁ」と いうのを聞くと家を大事にしている気持ちが伝わるのかとドキッとしますね。

(2002/11/03/施主様より)

Related posts

コメントを残す