Google ストリートビュー

既にご覧になった方も多いのではないかと思いますが、Googleマップのストリートビューが日本でも開始されました。限定された地域だろうと思いながら、今日初めて見てみると、予想以上に広範囲だったことに正直ビックリ。いつの間に。。。

仕事で使いなれた明石大橋がピックアップされていたので、まず。ちょっと曇り空だな〜と思いながら、それでもグリグリと橋を眺め回せることに素直に感動。サービスエリアにある観覧車に近づけなかったのが残念。普通では出来ない道路の逆走もなんのその。しばらく遊んでしまいました。

それなら、事務所の近くは?と見てみると西宮近郊も結構しっかりとある。だとすると自宅は?そのまま何気なく見続けていると、おや、自宅近くの見慣れた風景に見慣れた人物らしき影。プライバシーの問題などで米国でもすでに論議はあり、今回の日本の風景では人物にはボカシが掛かっていると新聞には出ていたが。。。こりゃオレじゃん!うわ〜、ちゃんと分かるじゃん。もうちっとエエ恰好しておくんだった。と冗談言ってる場合か?そのまま自宅に近づいてみると。あら、またいた。見つけた限りおおかた3カットの画像にしっかりと写っていました。ハーフコートを着た服装やご近所の様子から見る限り、おそらく今年始めのころに撮影されたのではないだろうか。朝の9〜10時頃だろうか。えらいタイミングに出くわしたものだけど、グーグル撮影隊にまったく気がつかなかった。不覚。

さすがに自分が写っているのには驚きました。見られて困る写真ではありませんが、なんとも微妙な気分ですね。どこまでが情報として許されるものなのか?その線引きは難しいものがありますが、公と私の区別は、個人情報の保護といった建前とは裏腹に実態は曖昧なものになっていく気がします。もしかしたら、思いもかけぬ別な場所で無防備なまま第四、第五の自分の姿が写っているかもしれない。しかしその事自体よりもこれは、些細なことなのか大変なことなのか分からなくなりそうな事が一番怖いことかもしれん、と感じます。

Related posts

コメントを残す