本屋の誘惑

本屋に行くのが好きな人は多いと思うが、僕もその一人。
が、行くと葛藤が多くて叶わない。
読む読まないでなく、買いたくなる衝動を押さえるのが大変だからだ。
立ち読みでは済まされず、手元に無いと落ち着かない性分なので、
これも欲しい。あれも欲しい。と手に取っては置き直す。
数冊抱えて店内を廻って、財布を眺めて一考する。
宙を眺め、抱えた本に目をやり、廻った順を戻りまず一冊を本棚に返す。
一人で本屋に入ればなおさら、そんな愚行を幾度か繰り返す。

建築家には本好きな人が多い様に思う。
が、本当に読んでいるかと言えば、結構怪しい。僕もその一人。
どちらか言えば収集癖に近いかもしれない。
今日も久しぶりに本屋に入ってしまったので、やはり葛藤に悩まされた。
誘惑に駆られる多くの本から目を背け、
逃げ帰ったものの手には数冊の本。
ふ〜。

Related posts

コメントを残す