インド洋大津波

昨夜NHKの番組で、去年の暮れに起きたインド洋大津波の全容を放送していました。
実映像とCGによる詳細な解説を見ながら、改めて自然の猛威を感じます。
10Mの高さに及ぶ津波に押し流される街があるかと思えば、
1Mに満たない水の流れにどうする事も出来ない様子が、刻々と流れます。
現地の人でさえ、すぐそばに危険が迫っている事に気づかない事で、
被害を拡大してしまった数々の原因を紹介していました。
もしその現場に居合わせていたら、自分が生き残っていられたとはとても思えません。
分かっているようで、まるで分かっていない自然の怖さに圧倒されました。
今、住んでいる場所も浜近く。
いつそんな大災害に見舞われるかなど、想像できる訳もありません。
ただ幸せにいられる事をありがたく思うしかない。
そんな気がしました。

Related posts

コメントを残す