可能性

計画に使う予定の浴槽を見学に京都まで。
主要メーカーのユニットバスを手がける下請けメーカーさんのオリジナルバス。
計画中の物件で、ユニットバスの浴槽だけを使わせてもらう。
たったそれだけの事を今まで考えもしなかった。
たまたま出会った営業の方と話をすることで、ひとつ可能性が開いた。
既成の枠に捕われないように考えないといけない、と改めて感じます。
もちろんそうした小回りの効く対応をしてもらえるメーカーさんと、
出会えた事がきっかけです。
もの作りには人との出会いが何より大切かもしれません。

帰りに Blue Wind 21 に寄せて頂いた。
4年が経過。建物に年期が入って来たように感じた。
が、相変わらず子供たちの笑い声が絶えないのが嬉しい。
これも、人との出会いから。

Related posts

コメントを残す