愉快な仲間たち

しばらくオープンデスクに来ていた男の子が本日、期間終了。
夕方からほぼ終電まで、およそひと月ばかり模型を作ってもらいました。
来はじめはどうなる事かと思いつつ、終盤には手慣れて、
なんとか予定していたものが形になりました。
ご苦労さまでした。
人にものを作ってもらうというのは、そのためのコミュニケーションを含め、
なかなか骨の折れるものです。
自分だけが分かっていても仕方ありません。
実務における現場での伝達はもちろんですが、
こうしたバイトやオープンデスクに来てもらった若い人に意図を伝えるのは、
いろんな意味で自身の訓練にもなるような気がします。
今回はスタッフが揃って頭を悩ませながら、対応していました。
そんな様子が良かったのか悪かったのか、オープンデスクの彼は
「庄司洋と愉快な仲間たち」という迷フレーズが残してくれました。
ずいぶん尾ひれの付いた話ではありますが。

Related posts

コメントを残す