資料収集

昨日資料収集で、本屋にスタッフと立ち寄った。
建築本からはじまり、美術書を廻って、最後にコミック売り場に行く。
マンガ売り場はご存知のように、どこもビニール包装をして中身を確かめられない。
が、どうしても確かめたい本を見つけた。
アニメの背景美術の画集といえ価格はイチマンエン弱。
中身を見ない事には手を出せない。どうしよう。
で、店員さんに中身を確かめたいからめくってもらえないか。と尋ねてしまった。
が、その本は書店での包装でなく、出版社が始めからビニールを巻いていた。
ちょっと無理ですねぇ。
あきらめられないから、中身の分かるパンフはないかと詰め寄った。
店員さんは確かめてみます。と、ごねる客に渋々奥へ。
しばらく待つと出版社に確かめたらしく、中身はカクカクシカジカだそうですと説明してくれる。
と、さらに中身が見たくなってしまった。
大の大人が2人してアニメ本にう〜んう〜んと唸っているものだから、
ネットかなにかで確かめてきますと、店員さんがまたまたさらに奥へ。
またまたしばらくして戻って来たら、開けて見ますと一言。
と思わぬ展開。
ぱらぱらめくって、お、いいじゃない。買います。
店員さんはほっとしたご様子。
いやはや、お騒がせいたしました。

Related posts

コメントを残す