「よーし、ぼくはがんばるぞ」演劇のご案内

群青亜鉛のサイトへ

しばらく前に、ヨメさんの手伝いで演劇のチラシのデザインを手伝わせてもらいました。公演間近に迫って、今頃宣伝では遅いのですが、折角なのでご紹介。

数年前から年1回程の公演のチラシをやチケットの手伝いを続けています。社会派と言うべきなのでしょうか。昔の事件と現代の世相が混沌とから見合う様な、そんな印象のお芝居です。幾度か公演を拝見していますが、その度に何か考えさせられるものがあります。

今回の公演は11月7日から、ご興味ある方は是非ご覧になって見て下さい。

追記:20081110

先にチラシの制作をお手伝いさせていただいたお芝居 焚火の事務所  公演「よーし、ぼくはがんばるぞ」を先週末に観てきました。

小学校近くになるマンションの一室に住む、すこし複雑な家庭事情を背景に既に両親を亡くした成人姉弟たちの物語。家族の関係や兄妹の関係に微妙な軋みをそれぞれが感じながら、生きる事にもそれぞれが苦悩を背負っています。ちょっとした事でもイザコザ。少々暗い家族(姉弟)の様子を描きながら話は一体どうなるのかと思いきや、思い詰めた弟の取った行動が、近隣周辺を巻き込む思わぬ事件に展開していきます。やってしまったその事で、姉弟たちは自分たち家族の絆を見直さざるを得なくなって行くというお話でした。

暗い雰囲気に見始めてどうなって行くのだろうかと、正直不安になりそう感じでしたが、話が進むにつれ予想の出来ない事件が起こり、盛りあがりと言うよりもなだらかな緊張感に包まれて行きました。むずかしいテーマだと思うのですが、もしかすると自分の身にも起こるかもしれない、と感じさせ考えさせられました。

再演を見つけられたら、是非ご覧下さい。

Related posts

コメントを残す