飯屋で絶句

久しぶりに飯屋で絶句した。
事務所の連中と昼食で、新装開店の中華料理店に入ったまでは良かったが、
どう見ても手慣れない店員さんが、てんやわんやと用意している厨房の様子が見える。
ようやく出て来た餃子定食のまずはスープに口をつけると生暖かい。
というより、用意している間に冷えてしまったという感じ。
う〜む。と思いながら、かわいらしく並んだメインの餃子に箸をつけると、
なんとなく、でなく、粉っぽい。
他の連中に出された品を見渡しても、なんとなく不安に駆られる。
後ろの席で、別の客は餃子がうまいと店主に声を掛けている。
出しなに横目で通り過ぎた。
どうも、自分にだされた餃子と違うようにしか見えない。
店を出て、皆が口々に口火を切り出した。
そう、どう見てもあれはワンタンだ。

Related posts

コメントを残す