奥は深い

この間の万博旅行を期に車のエンジンオイルを入れ替えた。
今まで使っていたスタンドが閉店してしまったので、
どうしたものかと思い、オートバックスに行くことにしたものの、
たくさんある中で何が良いのかさっぱり分からない。
車に詳しい訳でないので店員さんをつかまえて、
何年式のコレコレに乗っているが何がよいのかと、尋ねてみると、
今までなにげに入れていたオイルが車に合ってないことが判明した。
たまたま良く知った車種なのか、店員さんは任せなさいとばかり親切に教えてくれる。
普段使っていたスタンドでも、他のところでもそんな話をされた事がなかったから、
こちらもそこまで気にした事が無かった。
無知こそなせる技とは言え、反省しきり。

さて入れ替えてみて。
オイルを新しくするとエンジンの駆動がスムーズに感じられるのは今までも同じだが、
停車時に何となく気になっていた、エンジンの揺れが小さく感じられる。
店員さんが話していた事が、一致しているように思えてならない。
オイルの違いなのか。。。うむむ。
今まで入れていたオイルもそれなりのブランド商品。
が、人任せにそれだけで安心していた自分が恥ずかしい。
ミクロン単位のエンジニアの世界。想像以上に奥は深い。
考えてみれば分かっている事もあった。
物を長く大事に扱うには周辺にも気を掛けなければならない。
出来るようでなかなか出来ない。

Related posts

コメントを残す