目論み

久しぶりの地鎮祭。
なんだか仕事が少ないと言ってるみたいな感じだが。。。
そう言う訳では無い事にしておこう。
朝から式の前に施主さん宅で慌ただしく工事契約をすませ、近くの現地に向かう。
公園と田んぼに囲われ、緑に恵まれた環境。
周囲には土壁の町家や農家も残るこの地に、不思議な住宅が建つ予定。
また、それを目論む設計士とそれを望んだ施主。
望むか望まないかは別に、計画に協力してもらうことになった施工者。
施主さんからの始めてのメールからおよそ一年が過ぎる。
あと半年も経てば、その結果がここに現れる。
雨になるかと心配したお天気も味方になり、無事地鎮祭が終わった。
お昼はずっと行きそびれていた具沢山のカレー屋さんへ行き、みなで食事を取り、
少し離れた町並み保存をしている商店街へ移動。
商店街の町並みに掛るお店の「のれん」が、
その以前に直島のアートプロジェクトで見た町並みに掛っていたものとソックリだと思っていたら、
まさしくその発祥の地であった事にビックリ。
不思議な縁を感じる。
帰り道の小学生が、見知らぬとも町の大人たちに向かって「ただいま」と挨拶をする。
「お帰りなさい」と大人たちもそれに応える。
風情の残る、温厚な情景にほっとする。
現場はスタッフに任せて、設計士は街探索にいそしもうかと新たな目論みを考える。
ほっと出来ない人もいる。か。

Related posts

Comments 0

  1. 我楽多日報! 20050710

    必勝 時刻表 犬島への道

    バスで犬島にムダ無くたどり着け!
    必勝 時刻表 犬島への道 (JR岡山駅ー犬島)

    というものを作成しました。格安コース研究報告書です。とにかくまずは島に来てもらわないとここで何をゆうても話になりません。
    詳しくはこちらにまとめてあります

    要は「岡山駅から930

コメントを残す