マンガの図面

このところは朝から晩までずっと図面に向かっている。
ようやく全体が見え始めてきたものの、なかなか終わりは見えない。
大抵、ひとつの物件でおおよそ50枚前後。
今描き進めているのは、少し規模があるので70枚近くになって来た。
これらの図面を行ったり来たり。
フ〜フ〜ハ〜ハ〜言いながら机にしがみついている自分を客観的に見ると、
どう考えてもTVのブラウン管に現れるような建築家のようにスマートにはいかない。
恰好良く仕事をしている自分を想像したいのだけど、
どう考えてもベタな気分が拭えない。
なのに現場に立つと先生と呼ばれる。(ほとんどイヤミにしか聞こえない)
ブタもおだてりゃ木にのぼる。。。(設計屋はきっとみな同じなハズ)
そんなフレーズが頭を駆け巡りながら、現場が始まればこれまた行ったり来たり。
とは言え、そうして図面に描かれた建物がいつかは立ち上がる。
職人さんから図面をマンガと呼ばれる事は少なくなった気がするけど。
そこに描くストーリーこそが面白い。

Related posts

コメントを残す