パラドックス

建築のデザインとは何ぞや?
と考えさせられるきっかけは、日頃の業務の中で度々訪れるもの。
現象的、表層的なものから、根源的、深層的なものもある。
時代、地域、環境、生活などなど、様々な要素が複雑に絡み合っている。
その中から何を選び出して、昇華(消化)させて行くのかは、
さまざまな人間に絡まれながら、日々頭を抱え込む設計者(デザイナー)の
趣味や趣向に最終的に左右されるのは必然に違いない。
どんなに客観的に理論づけて設計を進めても、どこか恣意的な操作がはいる。
ならば思い切って濃厚な個性を打ち出すのか。

今日は、ある住宅プロジェクトのデザインの方向性について、
関係者が集まりブレーンストーミングをした。
恰好良く書いたが、なんだかますます迷いが増えた。。。
普段個性的な施主さんに恵まれると、個人の住宅に一般解がある訳がないと強く思うのだけど、
商品としての住宅を企画する今回のプロジェクトでは、まるで逆回転。
普遍的な家族像を求める訳では無くとも、なんらかの共通項を見いだし一括りにまとめようとする。
対象として狙うある方向性をもつグループにいかに訴えかけるのか。
そのハートを的確に掴むのも、建築のデザイン?だろうか。
まるで流行に敏感でありたい自分と、流行に左右されたくない自分が共存する
パラドックスのようなものかもしれない。

Related posts

コメントを残す