日々鍛錬

今日も機会があって、クラッシックのコンサートに行きました。
正直こんなにクラッシックを続けて聞いた事はありません。
ベートーヴェンオーケストラ・ボンというドイツの楽団でした。
曲目は楽団の名前そのまま、ベートーヴェン作曲の
ピアノ、ヴァイオリン、チェロの協奏曲と交響曲「田園」の2作品。
普段聞き慣れている訳では無いので、うまく表現できませんが、
なんとなく派手な感じがしました。

ところで、音楽家は毎日朝から晩まで練習しているという話をよく聞くものです。
美術家もそうですが、スポーツ選手でもそうした話はよくあります。
はて建築家は?
いまひとつ練習というニュアンスがピンときません。
トレペに鉛筆で図面を描いていた時代はともかく、
学生でさえ毎日線をひく練習というのも今どき聞く事はありません。
スケッチやパースがうまいから建築家になれるものでもありません。
試験に合格して建築士になれても建築家になれるものでもありません。
建築家になるための練習ってナニ?
時たま学生なんかに、自分に答えがある訳でも無く、意地悪に質問してみたりします。
答えは人それぞれ自分で見つけるしかないのでしょうね。
難問です。

Related posts

コメントを残す