眩しい

梅雨は明けたのだろうか。
このところ事務所にカンヅメになっているせいか、
昼食に外へ出ると、やたらと下界が眩しい。
事務所前のえべっさんの石畳を歩くと、
かろうじて残っている体力が蒸発していくような気分だ。
朝、事務所に向かって自転車を走らせていると、
ピ〜〜〜〜〜ッツ!バシャバシャッ!キャ〜〜!
中学校のプールに映る青色がまた眩しい。
もうすぐ夏休み。
事務所のスケジュールを見ると暗いはずなのに、
徹夜で開かない眼にモニタがやたらと眩しい。

Related posts

コメントを残す