記念撮影

今日は去年暮れに完成した住宅の竣工写真を施主さん宅へお届け。
なかなか時間が取れずに、のばしのばしにしてしまった。(申し訳ありません!)
撮影から2ヶ月ぶり。
しかも、まだこの住宅を見ていないスタッフを連れ、見学までお願いしてしまった。
久しぶりにキル(猫)にご対面。変わらず人なつっこい。
そんなご迷惑を掛けたに関わらず、自慢の鉄道模型を走らせて頂き、
食事まで用意していただいて光栄の至り。
スタッフともどもプチ宴会にあずかった。
帰り道、この家に馴染んで来ました。という施主さんの言葉をどう思うかとスタッフに問われる。
もちろんありがたい、うれしいお言葉です。
住まいと施主さんの付き合い方はいろいろあると思います。
張りつめた空気を楽しむ緊張感のある付き合いもあれば、
誰に咎められる訳でもなく、パンツ一丁で歩ける付き合いもあります。
宴の最後に、リビングにそびえるらせん階段に皆で並び、施主さんが記念撮影を楽しむ。
この家での施主さんと住まいの付き合い方を象徴している気がします。

Related posts

Comments 0

  1. hifumiyo 20050717

    いえいえこちらこそ楽しいひと時でした。
    すぐお邪魔するはずが、ズルズルと。
    また改めてゆっくり伺えればと思います。

  2. らむママ 20050717

    昨日はありがとうございました^^
    短い時間でしたが楽しいひとときでした。
    庄司さんの所に集まってくるスタッフの方々は
    みなさん楽しいですよね〜。次回はプチじゃない
    宴会を開きましょう!
    家にすっかり馴染んだという話ですが、ほんとに
    不思議と当初から妙に馴染んでまして^^;
    短い時間で考えたとはいえ、部屋の間取りなどを
    実際生活することを想像しながら配置したり、かなり
    想像が膨らんでいたせいもあるかもしれません。
    もちろん、これからまだまだ進化&変化はしていくと
    思いますがそんな訳でそういう感想なのです。
    本当に、夏になってパンツ1丁で歩きかけた旦那も
    さすがにこの家にこの格好はないよなぁと社宅時代とは
    ちょっと意識が変わってちゃんと短パン履いてます笑

コメントを残す