万国旗

明日、愛知万博がフィナーレを迎えます。
前回行きそびれてしまったパビリオンを観に、もう一度行けないかと目論んでいましたが、
用意周到にかかわらず、とうとう行けずじまいになりそうです。嗚呼。
モリゾーとキッコロに再会出来ずに終わってしまうのは残念。
ところで、地元で開催されたわけでないからなのか、臨場感を今ひとつ感じません。
愛・地球博は万博と言うにはどことなくローカルなイメージがするのは僕だけでしょうか。
その昔の大阪万博の時と違って、どことなく冷めた気もします。
もちろん大阪万博の記憶は薄らいで、その余韻だけがそんな気にさせるのかもしれませんが。
モノやジョウホウに溢れ、世界に通じる万博に今さら憧れや夢を感じなくなったのでしょうか。
昼間に街を走っていると、地元の工務店が構造見学会なるものを現場でやっていました。
段ボールに書かれた案内やら、にわかづくりの体裁ですが、
家全体を万国旗で飾り付けていた様子が、なぜだか夢を感じました。

Related posts

コメントを残す