配筋検査

基礎配筋

お盆前のことですが、住宅瑕疵担保責任保険の配筋検査が無事終了しました。

小さな住宅としては、高低差が多く複雑な基礎形状になっています。敷地の高低差があることを利用した計画の上に、敷地外周が一部石積みの擁壁に囲われ、それを深基礎によって対処しているためです。掘削が図上の基礎形状のまま掘るにはちょっと困難だったか、配筋が薄く感じる部分が見受けられました。そうした部分は工務店にお願いして鉄筋を増やしてもらっています。

検査の後は、設備配管の段取りが行われました。複雑な状況を理解してもらうのにひと苦労。後はコンクリートの打設がうまく行く事を祈るばかりです。

基礎配筋基礎配筋基礎配筋
基礎配筋基礎配筋基礎配筋

Related posts

コメントを残す