性懲りもなく

Macintosh のお話。
先週半ばから、パンサーの調子が悪くなりだした。
その前からそれらしい兆候はあったが、頻繁に固まったり、落ち始めた。
ウ〜〜〜ン。マイッタゾ〜〜〜。って言いながらもダマシダマシ使っていた。
メンテナンスソフトの警告を無視していたが、
どうにも気になり始め、書かれたカタカナをネットで調べてみたら、
きれいに消去してインストールし直しするコトを薦めます。なんてコトが書いてある。
仕事が溜まっていたから、焦り始めた。
メンテソフトで修復を試みたが、状況が変わらない。
ヤッテランナイヨ〜〜〜。と思いつつも不意の事態に備え、とりあえずバックアップ。
それでも、使い続けていたが、ドウニモコウニモならなくなったのが、土曜日の晩。
まともに起動さえもできなくなってしまった。
ア〜〜〜アと諦めて、CDーROMから立ち上げ直し、再インストールに踏み切った。
ともかく仕事に差し支えないようにしないといけないから、
主要なアプリケーションも入れ終わったときには、空が白けてきてしまった。
もう、ヘロヘロ。
なんとか回復してこうしてブログを書いている次第だが、
どことなく快調になったと言い切れず、原因を突き止めて直した訳でないから不安が残る。
物好きが災いしてフリーソフトを入れたり出したりしているのが悪いか。
素直に使っていればいいものを、カスタマイズを止められずついつい遊んでしまう。
いっその事、タイガーにチャレンジしようかと思う今日このごろ。

Related posts

コメントを残す