遣り形


YARIKATA
Originally uploaded by hifumiyo.

今日は建物の位置を決める作業「遣り形(やりかた)」でした。
外周の板塀のようなものは、位置決めのための印をつけたり、壁などの芯を決めて「水糸」を引くために使われます。
建物の平面的な位置と、立体的な位置がこの作業で決まります。工事を開始するための一番肝心な下準備になる訳です。今回の敷地は起伏がないので分かりやすいですが、図面では表現しきれない微妙な起伏があると、よくよく考えておかないと思わぬ失敗を招きます。全体を見通して考えないといけません。簡単なようで意外に難しい作業です。
来週末あたりで杭地業に入る事になりました。

Related posts

コメントを残す