ラムサウンディング地質調査

Ram-sounding

先日、ラムサウンディング試験という地質調査に初めて立ち会いました。少し聞き慣れない地質調査の名前です。

一般的に住宅設計の地盤調査に使われるものは、スウェーデン式サウンディング試験というものです。このスウェーデン式サウンディング試験は、どちらか言えば表層の地盤調査に向いています。なので、重量の軽い木造住宅に場合にまず行われる試験です。重量の重いRC造の住宅やビルになると、標準貫入試験(ボーリング試験)というものが一般的によく耳にするものです。このラムサウンディング試験は、その間を埋めるような試験のようです。
ボーリング試験とまで行かずとももう少し深層の状態を確かめたい、鋼管杭の支持地盤を確かめたいといった場合に有効な試験になります。

今回の敷地で先にスウェーデン式サウンディング試験を行ったところ、2M程に届かない深さで貫入が出来ずまま結果が出されました。もともと沼地であった造成地という前情報もあったことから、心配もあり再試験に至っています。
測定点2ヶ所からの結果としては、スウェーデン式サウンディング試験で支持が出た地盤から1M行かず一旦緩くなり、再び固い地層がIMほど現れさらに緩く、地山の固い地盤まではやはり少し深く行かなければ到達しないことが読み取れました。試験の最終深さは10〜12Mです。

Ram-soundingRam-soundingRam-soundingRam-soundingRam-sounding
Ram-soundingRam-soundingRam-soundingRam-soundingRam-sounding

Related posts

コメントを残す