世界の原理

leveler

今日も現場に向かう間に、事故渋滞に巻き込まれた。
どうもタイミングが悪い。
おかげで昼飯の時間を失い、コンビニでパンを買って車の中で済ませた。
前回も同じだが、渋滞を抜け出たときには事故の跡は無く、
原因を直接見ないものだから、なんだか腑に落ちない。
前回と同じトンネルを抜け出たころで渋滞は緩和される。
事故は同じ場所付近だったのかもしれない。
なんだかその様子を見ながら人体に流れる血流を想像してしまった。
高速道路は、さながら大動脈か大静脈。
走る車は、赤血球だか、白血球だか、ヘモグロビンだか、血小板?
不謹慎な想像だけど、事故現場は無理をしてしまうとコリになりやすい箇所。
原因を取り除いてもすぐには流れは戻らなく、ほぐれるには時間がかかる。
そんな事を考えると、都市はひとつの生き物で、
さらには世界はひとつの生き物で、、、
ミクロもマクロもどこまでも同じ原理が働いている。
そんな訳?だから、せかせかしても仕方が無い。
健康的な安全運転が第一である。

写真は現場に据えられたレベラーです。
傘をさしたザクではありません。

Related posts

Comments 0

  1. ats_ats 20051023

    傘をさしたザク・・・(* ̄m ̄) ププッ
    反応してしまいました(^^)

    渋滞に効くアンメルツヨコヨコってないですかねw(笑)

コメントを残す