映画「ハート・ロッカー」を観てきました。

昨晩ヨメさんとアカデミー賞映画「ハート・ロッカー」を観に行きました。

イラクに駐在する爆弾処理班の緊迫する日々を描くこの映画は、前評判の通りドキュメンタリータッチの映像で得も云えぬ緊張感のある画面を次々と映し出し、分りやすいストーリーがあるエンターテイメントでないに関わらず、画面に釘付けになって観てしまいました。異様にリアルな戦場のシーンは平和ボケの身には少々応えますが、観賞後、この映画は何を伝えたかったのかよく分からないモヤモヤした感情に捕われたのが正直なところです。

戦争中毒になってしまったとも言える主人公は、平和な国に戻ってもまた戦場に赴くことを志願します。それは人を救いたいと言えるものでもなく、どこの何が正義でもなく悪でもない。非日常化してしまう戦争の違った恐ろしさを描きだし、観客に是非を問いかけているのかもしれませんが、答えを見いだすのがあまりに難しい。頭を悩ましました。

Related posts

コメントを残す