配筋検査

tekkin

穴が塞がり建物が地上に顔を出し始めました。
今日は配筋検査で現場に赴きました。
自由の利かない複雑に絡み合った鉄筋に、若い監督さんたちは四苦八苦しています。
現場ではいつもあれこれ議論を重ね、いろいろな形が苦労して出来上がりますが、
出来上がってしまうと、何事も無かったように見えるものです。
一見整理されたシンプルな建物ほど、その工程は逆に難しいものです。
ちょっとした間違いが、そのまま形になってしまいますから、
現場の方も神経を使います。
そんな苦労がスッキリ収まると、ホッとするのも現場の楽しみかもしれません。

Related posts

コメントを残す