12ヶ月点検で

先日の事、整備工場で一年点検を終え、さあ帰ろうとしたところ、
走り出して数分も経たないうちにトラブル。
2号線を意気揚々と走っていたのが、パンクでもしたのか妙な制動がかかった。
ギシギシ言い出しコリャマズイ、車を脇道に停めて降りてみると、
左後輪のホイールから煙がモクモクと。油が焦げ付くような嫌なニオイ。
オイオイなんだよ〜。と、整備工場に電話をして直ぐに来てもらった。
どうやらハブの締めすぎで、ベヤリングが圧迫されすぎたのが原因の様。
ディーラーの工場でないと直せないとなって、代車の用意に1時間は待たされた。
数日後、直りましたと言う連絡で、再び整備工場へ。
車を受け取って、ちゃんと直れば文句無し。の筈だったが、
再び2号線を意気揚々と走りだすと、今度はタイヤの溝に石でも噛んだのか、
タイヤの回転に合わしたようなリズミカルな振動がお尻を突く。
30〜40Km/hぐらいだと、頃合いの良いマッサージ機の様だ。
降りて見回しても特に異変は無い。その日は帰ったが数日しても様子は変わらず、
またまた整備工場へ。で、これまたディーラー行き。
それにしても、2度もこうしてくるとさすがにかなわない。
整備の後、整備士さんたちは試乗してみないのだろうか?ふと疑問になった。
動かしてみれば気になったに違いない。気になれば一言欲しいもの。
大袈裟に言ってみれば、整備の直後だし整備士さんに命を預けるに等しい気分。
こちらにすれば、相手はプロだし間違いないだろうと信頼する。
とは言え古い車だから、こちらも文句の付け様はあるかもしれない。
その振動が整備後のものかどうか、だれも証明出来ない訳だし。
整備士さんのこぼす言葉にそんなニュアンスが見え隠れした。
としても、そんな振動が毎度だとコッチも気持ち悪い。
気持ちは分かるが、肩を落とさずしっかり診てほしい。
そんなやり取りをしながら、メンテナンスって簡単じゃないな、と思ってしまう。

Related posts

コメントを残す