姿を現せば

katawaku

雨降りを気にしていたのに、降る様な降らない様な天気が続くばかりで、
じっとりと肌に粘り着くような空気がともかく気持ち悪い。
ただお陰で心配していたよりも現場は進んでいる。
現場に来て頂いた施主さんと男前な建物になりそうですね〜と言いながら型枠をさすり、
徐々に姿を現す様子を興奮気味に、現場の心配はよそ目にウロウロと見て廻る。
そのまま夕方から内装や家具の打合せ。
打合せ前に食事に誘ってもらい、続けて打合せのつもりが、
気がついたら時間が足らずで、焦りながら内装や家具の下打合せをした。
夫婦の意見が微妙に食い違い、さてさてどうまとめるか。
調整するのは骨が折れるが、いつかまとまり、どことなく家の持つべき特徴が現れてくる。
設計の間にまとめておくのは大切だけど、現場が始まってこそイメージも掴みやすく、
施主さんの要望が現実味を帯びてくるのが面白い。

Related posts

Comments 0

  1. kimura 20060710

    先日は遅くまで打ち合せどうもありがとうございました〜。
    最後はほんと、バタバタになっちゃいましたね。細かい所はメールで詰めましょう。。
    しかしほんと夫婦間の意見の相違をどうするかですね。とはいえ基本は嫁さまの意見尊重という事で収まってくるとは思うのですけどね。。とはいえ、譲りたくない所も出てきたりでなかなかスッキリとはいかないですねえ。(でもまあほとんどの部分任せてもらってるので、あまりワガママ通してばかりではいけませんね)
    というわけで、あと3ヶ月ほど?になりますが宜しくお願いします!!

コメントを残す