お寺の落ち葉、朝の事務所前で

朝、事務所前の路地に隣りのお寺の楠の落ち葉が溜まっていたので、箒で掃いて集めていたら、通学途中の小学生たちに挨拶される。母親に連れられたかわいい女の子にも共々「おはようございます」と声を掛けられ、挨拶を返す。路地裏の朝の日常といった感じ。

面白いことに、自転車に乗って事務所に着いただけの時だと、そんな風に度々挨拶をされるわけではない。落ち葉を掻き集めている姿だけで、良心的なおじさんにでも見えるのだろうか。朝からそうして声を掛けてもらえるのは悪い気がしない。なんとなくすがすがしい。

お寺の楠は大木で若葉の生え変わる春先は、これでもかと思うほど落ち葉が溜まる。普段は2軒隣のおじさんが文句を言いつつせっせと掻き集めているので、こちらが「いつもすみません。ありがとうございます。」と言いながら事務所に入ってしまうのだけど、今日はちょっと早めに着いたので気分転換に良心的なおじさんを演じてみた。たまにはいいかもしれない。

Related posts

コメントを残す