ヒトマワリ

日曜日は大阪を中心に活躍する劇団・維新派の公演を観に行きました。
ほぼ年1回の公演を観始めて、10年以上続く我が家の恒例行事になっています。
年々有名になり、海外からオファーもかかる程、大阪発国際的な劇団のひとつです。
なので年によっては大阪での公演がなく、飛んでしまう事もありましたが、
ヒトマワリ以上追いかけて?いると、その変遷が分かり、違った楽しみもあります。
繰り広げられる独特の舞台はお芝居という趣ではなく、音楽と言葉の重奏といった感じ。
大阪風民族音楽劇とでも言えば良いのでしょうか。
野外での公演を積極的に行い、劇場では観る事の無いスケール感が特徴の劇団ですが、
今回は梅田芸術劇場での公演でした。
劇場の舞台スケールを意識したのか、今回はどことなくシンプルな構成。
いつもの大迫力に欠けたのが、ちょっと残念な気も。と思っていたのでしたが。。。
公演の最後に演出家松本雄吉氏のアフタートークのオマケがあり、
いつものボケツッコミがない、なんでや?的な客席からの感想を聞きながら、
自分自身も含めて、吉本的予定調和を楽しみにくる人は多いのだな。
ここはやっぱり大阪かもしれん。と感じるのです。
それはそれとしても、ヒトマワリを越えて皆の期待を背負い、愛され、
頭かきながら、頑張ります!と頭さげるエエ歳の演出家に拍手を誰も惜しみません。
そこには駆け引きのない清々しささえ感じました。

Related posts

コメントを残す