足場が外れて、あともう一息

本来の主役は、快晴の中、花の奥にかすかに見える白い壁の住宅です。昨日ようやく足場が外れました。正面から見ても白い壁が際立っています。施主さんに白い家は初めてですよね〜。と言われた所。だからなのか、そうではないのか、これまでともまた違った印象の住まいになった気がします。

時間が掛かっただけ忙しさに流されず、設計も監理もいろんなところで勉強になり、いろんなところで考えさせられました。自分ではどちらか言えば基本に立ち返りながらと進めたつもりでいたのですが、どうやら廻りにはそうとは受け取ってもらえず、なかなかムズカシイものです。それもあと僅か。いただいた時間を無駄にせず、最後まで気を緩めずにやるしかありません。

内装では、今日、建具が取付けられ始めました。

Related posts

コメントを残す