躯体完了

kutai

コンクリートの躯体がほぼ打ち終わり、屋上の床を残して躯体が露になった。
建物の外形がほぼ姿を現した。
サッシも現場に搬入され、取り付けも始まった。
施主さんとの打合せも、徐々に大詰めに向かいだした。
型枠の外れたコンクリートの量感は圧倒的な感じがする。
内部の造作は必要以上にないので、内部空間はほぼ掴める状態。
裏を返せば、後悔しても始まらない状態だ。
現場をウロウロして、まだまだ経験不足を感じる箇所を見つけるに付け、
やはり安藤さんのコンクリートは凄いな、と改めて思わざるを得ない。
そんな事を書いては施主さんに申し訳ないが、
ここから少しでも気を引き締め、皆が満足出来る住まいにしたい。
今週末には上棟式。

Related posts

コメントを残す