懐かしいスチールサッシの納まり

築四十年弱のモダンな鉄骨ビルのリフォームをさせて頂いている。事務所兼住居。

その現場でガラスもパテで押えられている懐かしい形のスチールサッシが使われていた。丁度解体に取り外されていた障子が立て掛けてあったのでお勉強に記録。当時なら一般的な納まりのサッシだけど、こんな手の込んだ鉄細工を今やろうと思ってもなかなか出来ない。鉄の障子は重いので吊りの戸車で可動させている訳だが、障子の下が重なりあって気密を確保するよううまい具合になっている。たて枠もかみ合うように工夫されている。

なんと言っても一枚一枚手作りの職人技なのだ。それが40年も使われていた。それだけでも感動的だと思う。先日書いた白鹿館にもスチールサッシがはめ込まれていた。今のアルミサッシにはない味がある。普段の何気ない風景の中に当たり前にあった手技がどんどん無くなって行く。経済性でそれを排除していく一方で、ブランド化された手作り品が人気を呼ぶこともある。特別な必要はなく、ごく自然に手作りのモノが身の回りにもっとある方が良いと僕は思うのだけど、それを許してもらえないのが残念でなりません。

Related posts

コメントを残す