繰り返しがナンカしつこくなった気がする。

建築家ってなんぼのもんじゃろ?、建築家がなんぼのもんじゃろ?

が、昨晩の設計士仲間(建築家と言えるか皆怪しい・・・)の会話の酒の肴だったのではないだろうか?

結局のところ、食えるか食えないか?に行き着くのだが、まじめにやればやる程に首を絞めて行く。好きこそナントカと言える内は良いが、このままじゃイカンとほとんどの仲間が思っている。本来、そうでは無い筈。

華やかなる建築家はごく僅か。クリエイティブな世界は建築に限らず皆厳しい。いろんなメディアの影響で身近になった感はあるにせよ。正しく伝わっているとは思えない。このままじゃイカンとほとんどの仲間が思っている。本来、そうでは無い筈。

( 〜 繰り返し 〜 )

こんな会話は、知らないだけでどの世界にもあるのだろうな。と実は思うし、いつまでも変わらず永遠と繰り返されるのだ、とも思う。けど結局のところ、みんな建築が好きなのよね。と思う。世の中が酔っているのか、自分が酔っているのか。どちらにせよ悪酔いが覚めるに、時間が掛かりそうです。

Related posts

コメントを残す