本当の活躍は来シーズンに持ち越しなのが、残念。

蓄熱暖房機

見学会の終わった物件に本日、蓄熱暖房機の設置。日本スティーベル株式会社のエルサーマットと言う置き型タイプの商品。丁度一年ほど前に完成したWAONにはじめて採用しましたが、寒さに弱い設計者としては蓄熱暖房の心地よさは使ってみるほどにお薦めしてしまいます。蓄熱暖房そのものはサーマ・スラブという建物に組み込んでしまうシステムを以前にも採用していて、こちらはやたらデカい置き型タイプと違い意匠を邪魔しないのですが、計画によって有利不利がでてしまうのとイニシャルが大きいため毎回の採用は難しいものがあります。その点置き型は採用がしやすい利点があります。にしても、機械の大きさとお値段が悩みの種になるのは同じかな。

前回に設置の様子を見のがしたので、今回は拝見しにいきました。暖房機の中身のほとんどは熱源の廻りにレンガが積まれて入っているだけです。そのレンガの多さで能力が変わるという単純なものですが、その状態を見るだけで、コリャ暖かいかもって思ってしまいます。レンガは酸化鉄だそうで、見るからに重い感じです。ひとつが7キロ、写真の機械で30個入っているのでこれだけで210キロになる計算。そう聞くだけで暖かい気がしてきますね。

丁度、洗濯機の設置に来られた家電量販店のお兄さんが横で、見慣れぬ機械に興味津々なご様子。ただ暖かくなり始めたところなので、今シーズンの活躍はあまり無さそうなのがちょっと残念です。

Related posts

コメントを残す