骨はやはり太い方がいいですね。

先週末に鉄骨物件の棟上げが終わりました。周囲にそれほど大きい建物がないだけに、ひと際大きく見えています。鉄骨のフレームが建ち上がると普段は少し華奢な気がしてしまうのですが、今回少しもそんなイメージがありません。がっつりと建ち上がった感じがします。

意匠を優先すると骨組みが邪魔になるイメージが、設計を始めたころにはありました。木造にしても鉄骨にしても骨太な様子をいざ見てしまうと、やっぱりしっかりした方がいいよな、って思えて来ます。震災に会うまで正直なところ人事のように思っていたかもしれません。今日も海の向こうで起きた震災の悲しいニュースが流れてきます。あまりに脆く崩れた建物の下に、あろう事か日本の方も巻き込まれています。

太さに安心しているだけではいけないのかもしれませんが、建物を設計する事の責任が本当に怖くなってきます。

Related posts

コメントを残す