営業さん

renga

本日の午後は何故か、突然の訪問者や電話が多かった。
タイミングよく入れ替わり立ち替わり、久しぶりの人と会ったり話が出来た。
何かあるのだろうか。不思議な感じがした。
その中に、某ゼネコンの気さくな営業さんがいるのだけど、
その会社と仕事をしたのは、かれこれ5年も前の事。
来て頂く度に毎回、センセ〜仕事ありませんか〜から始めって、営業大変ですね〜と終わる。
住宅の設計が主なので、コチラとしては滅多に一緒に出来るような仕事の
ネタを持ち合わせていない。に関わらず、年に2〜3度は顔を出してもらえる。
真面目な方なので無駄話はあまりされないけど、
人の良さが現れているから、申し訳ないので毎度ねぎらうばかり。
そんな人だから、なんとなく来てもらえるのが嬉しかったりする。
考えてみれば、こんな矮小事務所でもいろんな営業さんがくる。
多いのは、フローリングや仕上げ材などメーカーの営業さんだろうか。
材料は良いと思っても、中には悪いのだけどもう来なくてもイイヨと思える営業さんもいる。
押しの強い人もいれば、引きの得意な人もいる、押しているかと思えば引く人もいるし、その逆手の人もいる。
営業のスタイルは人それぞれ。冷静に見れば面白い。(人が悪いかもしれない。)
ところで、自分は一体どうなのだろうか。
仕事がなければ、始まるものも始まらない。笑って見ている場合ではないのだ。
フ〜。

Related posts

Comments 0

  1. hifumiyo 20061128

    はは。そうです。(笑)
    お話の件は詳細を分かってではないので、それが正解だったのか分かりませんが、
    誰かに不利益があっても嬉しい話ではないので、そうした意見しかできませんでした。
    参考になれば良いのですが。。。
    では。

  2. kika-no-kita 20061128

    私もその電話の一本だったでしょうか?
    しかし意見参考にさせて頂きました。また他の人の話も含め正攻法で行くべきだろうと私も感じたので、問掛けのもとの方にはそう伝えておきました。
    こんなところをお借りして御報告です。

hifumiyo にコメントする コメントをキャンセル