古くて新しいものを見学:60坪と9坪の住まい

 

この間の日曜、そして今日土曜と、それぞれ別の見学会に行きました。どちらも古くて新しいものです。

日曜日に見学した物件は滋賀・宮内建築の手による伝統工法による60坪にもなる平屋。その構造見学会。ガツンとした構造材が縦横無尽のド迫力で迫ってきます。元にあった民家のイメージを壊さず、土壁も再生させてムクムクと甦るようなイメージです。

今日伺った住まいは、ある意味正反対に現代的な小さな家。ただベースにあるのは増沢洵という50年代建築家のモダニズム狭小住宅「最小限住居」というもの。それをリメイクし、9坪ハウスと名付けられた企画住宅です。大阪では第1号ですが、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。

同じ木造と言え、偶然続けて拝見した2つの住宅は大きさも作り方も、そして住まい方も対極にも思えそうな違いがあります。設計者も施工者もきっと相容れないぐらいの違いがありそうに思えるその一方で、不思議に共通するものも感じ無くありません。面白いものです。

さて、自分ならどちらに住みたいと思うか? ・・・正直、どちらも極端で難し過ぎです。

 

Related posts

コメントを残す