特権

apartment

まずはお知らせ。
P_kan Site に、昨年秋冬の新作2件をようやくアップしました。
あまりの更新の無さに、施主さん方にはお待たせしてしまって申し訳ないばかり。
ともかくなんとか終わらせてひと安心です。

いつものように当時を思い出しながら文面を書いていると、
書ききれないいくつものエピソードを色々思い返します。
あんなことがあった。こんなこともあった。
個人でのお付き合いが中心になる住宅設計をやらせて頂いくと、
当たり前の事ですが、施主さんとのお付き合いは千差万別。
何一つ同じような事がありません。前はそうだったが、いつも通用しない。
そのお陰?で、普通では得られないたくさんの思い出が残ります。
こればかりは設計屋の特権かもしれません。

今も新しい物件は進んでいます。すでに今までと違うエピソードが生まれています。
ひとつひとつもっと丁寧に書き留めておきたいものですが、
そればかりしていてもエピソードは生まれませんしね。
このぐらいでご勘弁の程。

Related posts

コメントを残す