進歩なし

GOKURAKU

一体何時?観るのだろうか。という感じで、
最近ついついDVDにBSで流れる映画を溜め込んでしまう。
コレ観たかったんだよな〜。とか、観た筈だけどどんなんだったっけ。
そうこうしている内にHDは満杯になる。どうしたものか。
欲というのは恐ろしい。
このままでは、白地に手書きのDVDコレクターになってしまう。
それでも、日曜の晩なんかにメシを食いながら、何観るか?
何より「選択肢がある」と言う事に満足してしまう。いかん!
これも又昔からある性癖のような気がする。
思い返せば、随分いろんなコレクションをした。
小中学生の頃の机の上はガラクタだらけだった。
勉強できるようなスペースはデスクトップのジュウぶんのイチにも満たない。
目の前にアイテムを拡げて、選択肢の多い事に満足していた事も変わりない。
はては机の奥にある照明スイッチに手が届かなくなる。
片付ければ済むハズのものが、手元でヒモを引けばパッと明かりがつく仕掛けを作り始める。
宿題を始めるまでに相当の準備時間が必要。今も変わらない。
今も仕事で、デスクトップにウィンドウが縦横無尽に広がるものだから、
これをうまく整理できるデータベースが作れないものか?
それが先日の蒼白になった事件に繋がる。
今日も、スタッフにこんな風にしたらどうかな。と、
全く進歩なし。辛抱もなし。

Related posts

コメントを残す