蓄熱暖炉の住まいが、暖炉雑誌に紹介されました。

IMG_2926

猛暑続きにヘトヘトになっているこの頃ですが、滋賀県の蓄熱レンガ暖炉を作った住まいが、この度「薪ストーブライフ」と言う雑誌に紹介されました。しばらく前に、この暖炉を製作されたマックスウッドさんから取材の連絡を受けていましたが、つい先日、発売されましたと連絡と共に、1冊いただいた所です。

IMG_2921

届いた記事の大きな見開き写真にビックリしましたが、本文記事も施主さんご自身で書かれたものでした。詳細は聞いていなかったので、ストーブライフを満喫している様子をいち読者になりきって楽しく読めました。
これまで鋳物の薪ストーブは納めた事がありましたが、大きさもさることながら費用もそれなりに掛かるレンガ暖炉を、どこまで活用してもらえるのか正直なところ心配でした。結果として工務店さんの協力など暖炉を運用する環境が整い、そんな心配は無用なものだと感じています。今回の施主さんの記事を拝見し、今はただただ羨望の眼差しです。

昨今の自然エネルギーやら再生エネルギーやらのアレコレは別に、暖房器具としてのこの蓄熱暖炉の効率の良さは、正直なところ衝撃が隠せません。もっと運用は大変なものだと考えていました。エコスタイルに暖炉と言った図式に、どこか馴染めないところがありました。ところが今回の蓄熱暖炉に関わらせて頂いたおかげで、少しだけ運用のシステムを考えれさえすれば、もっと一般的に使える方法にもなるのだと考え直すきっかけになったと思います。
当たり前に思っている便利さ故に、考えることさえ止めてしまったのかもしれません。興味が湧いた方には是非、施主さんの文面を読んで頂ければと思います。

*:既に発売されていると思いきや、出版社サイトでは近日発売と! 書店等での購入はしばしお待ちを。(7月13日現在)

Related posts

コメントを残す