窓からの風景が良ければ許される不思議

窓の向こうにも

建築の設計をしていれば、ここはビューウィンドウなどと窓からの景色はそれなり気にしているものです。計画前の敷地に立って、あちゃらの景色は抜群やな〜、こちゃらは隣に覗かれそうだけど捨てがたい。窓を工夫してなんとかならんかいな。。。ぶつぶつ。と唱えながら図面に向かっているものです。
この高台にある住まいでは敷地に立つまでもなく(ちゃんと立ちましたが)景色が抜群であったことは理解していたつもりでした。そのつもりで窓から離れて見たこの風景は、実は自分の想像には無くとても不思議に見えました。そう360度好きなように見ていた風景とはまるで違っていたのです。あまりに拡がっていた風景を目の前に、空や地面を窓に切り取られた風景まで想像が及んでいなかったことに気がついたところです。
ちゃんと立てていなかったと言う事ですね。設計者としては盲目かも。
それでも、窓からの風景が良ければ許される不思議です。

Related posts

コメントを残す