スズメ蛾とイモ虫の来襲

迷い込んだスズメガ

しばらく前に事務所に蛾が舞い込んできた。そのまま部屋の中で見失い、2〜3日して現れたところを捕獲。寒さのせいか少し弱り気味なので、そのまま縁側に放してやった。蛾は嫌われがちだが、スタイルは蝶よりもカッコイイ。

しばらく前から玄関先のトネリコが病気なのか虫食いなのか、葉っぱが縮れたようすになっていた。忙しさにそのまま、気付いたら結構な広がりに思わず心配になり病害や害虫のことを調べてみた。直ぐに分からなかったが、取り急ぎ痛んだところを切り取ってやろうと触り出したら。。。でっかいイモ虫がいるではないか!思わずのけぞった。7センチくらいはあろうか。さらに丹念に見ると、さらに2匹。そりゃ〜鉢植えのトネリコに、こんなデカ物3匹もいたらひとたまりもない。ここまで成長できたところを申し訳ないが、こちらも捕獲。しかし、なんでまたこんなところに。。。まだちっちゃいのがいるかもしれないが、ともかく原因は突き止めた。
やれやれである。

トネリコにいたイモ虫

そのあと、ネットで蛾のことやら調べてみところ、たぶん、、こいつらはスズメガと言われる種類ではなかろうか。山芋の葉を食い散らすことが多いらしく、トネリコに着くのは珍しいと書いている記事も見られた。幼虫のイモ虫はでっかいものだと10センチくらいにもなるらしい。ただ、噛みつく事も毒も持たないそうで、カワイイ〜と飼育して楽しんでいる方もいられるようだ。
特別嫌うわけではなかったけど、このままの調子だとトネリコが弱りかねない。さらに道端なので、見栄えがどんどん貧弱に汚くなるのは、ご近所さんにも来客さんにも印象よろしくもないので、楽しめる余裕もなく仕方なし。

ということで最後に、打ち合わせ先の保育所でみつけた遊具テーブル。

保育所のテーブル遊具

けっこう似てたり。

Related posts

コメントを残す