散髪

昨日、打合せ前に慌てて散髪に行った。
普段は平日の晩など、空いてそうな時間を見計らって行くのだが、
頭がウズウズし始めて気になっていたのと、今週はイベントや宿題が一杯詰まっているから、
行ける時に行っとかないと。で行ったら、こんな時間に珍しいッスね。と言われた。
今日もいつもぐらいッスかァ?と聞かれ、いつもより短めに。なんて答えているが、
はなから短く切るのに、微妙な話をしているのは何となくオカシイ。
が、この微妙さは随分違う。
相手は自分よりも我が頭を周知しているから、いやいやコレぐらいにしておいた方がイイッスよ。
そうかな〜、でも、もうちょっとどう?
じゃ〜、もうチッと切ります。
伸びるのが早いから、三日もすればどっちでもよかった、なんてなりそうな頭にやりとりが長い。
ココに来始めて、2年が過ぎたぐらいだろうか。
相手が分かって来たのか、頭が分かって来たのか、だんだん色気を出しながら鋏を入れてくれるようになった。
たった1時間ぐらいのやり取りの積み重ねと言え、相手の意を汲む極意を聞きたいものだ。

House [ I ]:張弦梁
House [ H ]:ブログ閉鎖… 見積終結

Related posts

コメントを残す