ノスタルジア:維新派

happa

昨晩は一年振りの劇団維新派の公演を観に行った。
映像を駆使しながら、高さ奥行きに限度のある劇場にそれ以上の奥行きと広がりを感じさせる。
意識的なのか、どことなく全体にテクニカルな演出になってしまった感じがしたが、
それは劇場と言う器の中で見たせいだろうか。
やっぱり、維新派は星空の下で見る方がいい。
野外にいる事を忘れさせてくれる、圧倒感は維新派にしかないのだから、
来年はまた野外でやって欲しいものだ。
三部作の第1作目の様だから、次回に期待。

House [ I ]:上棟式

Related posts

コメントを残す