謹賀新年2018

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い申し上げます

今年初めは何十年ぶりに和服で過ごしました。

ずいぶん前に両親実家から引き取った着物が、自宅の箪笥や行李に詰め込んだまま冬眠中であったのですが、昨春から和装にはまりだした嫁さんが次から次に引っ張り出し、整理やら修理やらを始めました。着付け教室にもいそいそ出かけ、着物のために理由を作ってはお出かけな日々を過ごしておりました。
そうしてとうとう、矛先がこちらに向かって来たわけです。
「パパの着付け?」なる和装雑誌のページを拡げ、ここ読んで!ってな具合です。
元旦は仕立て直しをしてくれた祖母のいる老人ホームへ着物を着て出かけ、二日は着物で神社まで初詣。家に戻っても家着用の着物で過ごして旅館気分な正月でした。

「今年は和の生活!」と嫁さんは息巻いております。

いざ着てみると和服は案外に居心地のよいものでありましたが、さてさてどうなるやら。

干支土鈴(廣田神社)

Related posts

コメントを残す