久しぶりの舞踏観劇・大駱駝艦「パラダイス」

昨日、神戸文化ホールで麿赤兒さん率いる大駱駝艦の舞台「パラダイス」を、嫁さんの誘いで観てきました。舞踏やダンスをホールで観るのは、一体何年ぶりでしょうか。久しぶりに新鮮な気分でいます。

思い返せば大学時代に知り合った友人が芝居好きで、その友人の誘いから始まり大学時代は暗黒舞踏や現代演劇にいくらか興味を持つようになりました。その友人の舞台美術を手伝ったこともあります。怪しい演劇集団の公演情報を探し、怖いもの見たさな気分で誘われるまま、自ら足も運んでいました。
有名どころの「山海塾」は未体験ですが、「日本維新派」「大駱駝艦」「赤テント」「ダムタイプ」少し経って「パパタラフマラ」などなど。有名でもない小劇場に行くこともありました。
中でも強烈な印象に残るのは、舞踏家土方巽が京都の小さなギャラリーで行った舞踏イベント。手を伸ばせば触れそうな距離で、奥から現れたボロ布を被った土方氏がギャラリーの真ん中あたりの床に寝そべり、しばらくするとヒクヒクっと動きはじめる様子を間近に見ていたことです。正直踊りと言うのかなんなのか分からない。すし詰めの観客が一挙手一投足を息を潜めて観ている、なんとも言えない摩訶不思議な空間がそこにありました。

昨日の「パラダイス」を観に行った時、嫁さんの隣に座った30代くらいの女性が嫁さんに声を掛けて来ました。話を聞いているとテレビドラマに出ていた麿赤兒さんがしゃべらないのに醸し出す存在感がすごく気になりはじめ、最近から舞踏を観に行くようになったのだとか。
舞踏家の持つ独特の存在感。それを聞いて思い出したのは田中泯さん。いくつかドラマも観ていますが確かにある存在感。渋い恰好良さがたまりません。
時代に流されず、信念を持って表現を続けているからこそ持ちえる何か。
時代どころか日々右往左往している自分には、もはやほど遠い感じがします。周りの言葉に振り回されず、信念を持って仕事ができるまではまだまだ長い道のりです。

観劇の後、楽屋の麿赤兒さんを間近に見ました。白塗りに怪しげな衣裳を纏ったまま電子タバコを片手に、近しい方々と挨拶されています。お疲れでしょうが、順繰り懐かしそうな方々と楽しげな様子。ひと仕事終えた仁王様にも見えるのでした。

Related posts

コメントを残す