大阪ハムレット

MADO

この間の休み、買い置きしていたマンガを読んだ。単行本を買ったのは久しぶり。
しばらく前に新聞の書評を読んで、キョーミをそそられたから迷わずアマゾンで買っておいた。
森下裕美の「大阪ハムレット
少年アシベを描いていた漫画家さんだ。
で、久しぶりに感動した。
大阪を舞台にした大阪弁の短編漫画集。登場するキャラクターの存在感が何とも言えず良い。
端正な画風なのに、読み進む内、まるでそばで起きている出来事の様な臨場感がある。
オカシくもカナシくも、ちょっと変わった風にも思えるはずの登場人物も特別な気がしない。
生きていく中で体験して来た自分自身の出来事や感情が、ゆすり起こされる様な気がした。
感性豊かな作者の愛情が、行間に醸し出されている。
2冊を読み終えて、ちょっと勇気をもらえた気がした。おススメです。

Related posts

コメントを残す