キリンプラザ:高松伸

KIRIN PLAZA OSAKA

キリンプラザがこの10月末に閉館になる事を思い出し、
近いうち心斎橋まで行く機会があると思えないので、昨日、慌てて見に行った。
閉館の後にどうなるのかよく知らないが、建て変わってしまうのだろうか。
正直に残念でならない。
キリンプラザが建ったのは、建築を志すほんの少し前。
大学で建築を学びはじめた時分、恥ずかしくも、知っている建築家は、
安藤忠雄、丹下健三、黒川紀章、そして高松伸。ぐらい。(情けない話。。。)
その中でも自分にとって、高松伸はスター的存在だった。
ドローイングの圧倒的な迫力は、今も尚、他を寄せ付けない気がする。
キリンプラザはともかく、カッコ良かった。ただただ、それだけ。
しかし、それが一番。
その後いろんな建築家を知って、さらに感化された建築もあれば建築家もいるが、
リアルに建築のスゴさを意識して感じたのは、キリンプラザが始めてだっただけに、
閉館になる事は、本当に惜しい。
ドローイングのような湿っぽさは無く、カラリと晴れた空と色めく雑踏に乾いた空虚感が漂う。
今の時代には再びはあり得ない(だろう)存在がまたひとつ消える。

カキノイエ:渋柿狩り

Related posts

Comments 0

  1. hifumiyo 20071031

    ハハ、どっかのパビリオンみたいですね。
    キリンプラザは売却後に解体されるみたいですが、まだ決まってはいない様です。
    次に誰が設計するか分かりませんが、比較されそうでちょっと興味深い。
    近くにあった故黒川紀章氏のソニータワーももう建て変わっていました。
    奇麗になったけど今風と言ってしまえば終わってしまう。
    ソニータワーはその時代にでも異彩であったし、個人的には好きだったので、
    やっぱり勿体ない感じがしました。

  2. 竹田憲司 20071031

    キリンプラザ、もうかなり古いものなんだけど、そう感じないところがすごいですかね。なんか、解体後の部材とか欲しくないですか?競売しないですかね?

コメントを残す