トネリコの鉢を植え替えしてみた。

Fraxinus

事務所には、たぶん4年目ぐらいだと思うのだけどトネリコがいます。はじめ30センチぐらいの苔玉で買ったトネリコですが、いまでは結構大きくなって1メートルを越えてきました。貧弱だった初めのころとは打って変わって、それなりの幹の太さになっています。そろそろ鉢替えをしてやらないとイカンだろう。と、昨日はコーナンで土と鉢を買っておきました。
今日の昼間に鉢替え。すでに苔玉から一度、その後一度、二回ぐらい鉢を替えているのですが、いつもいい加減にやっていたので、今回は少しネットでやり方を探しつつ。参考にしたのは、「葉っぱの岬シマトネリコ」と「e-garden」ちゃんと読み始めると色々気になってきます。
とりあえず、両サイトの記事を読みながら、「土は赤玉土の小粒6に腐葉土4」 ふむふむ。適当に買って来たけど、ちょうど良いぐらい。コーナンの買い物袋の中で混ぜ合わせ。
「根鉢を3分の1ぐらい崩す」 今の鉢は丸っこいのでとてもじゃないけど引き抜けない。金槌で割ってみると、ネットで見る様子とまるで違って一体どこに行ってしまったのかと思える程、崩せそうな土なんか見えません。根っこのネットは鉢の形を再現するかのように包まれた状態。太めな根も周囲を廻っている。3分の1を崩すなど根を余計のこと痛めそう。しかたないので、下のゴロ石あたりからモソモソと掻きだし始めましたが、4分の1がよいところ。う〜んどうしたものだろう?このままやっても根をちぎってしまいそう。
心残りだけど、このまま進めよう。新しい鉢にゴロ石を敷き、配合の済んだ土を小山加減に盛る。そこに根をかぶせる様に据えてみて、こんなもんかなというところで、廻りに土を詰め込んだ。土の量は、計算なんか出来る訳も無いがピッタリ収まり、水引きもぼちぼち良さげ。
ちょっと大きすぎたかなと思って買った鉢も、意外にいいぐらいに収まった。まあ、しかし今までの鉢でここまで大きくなるのだから、今度の鉢だと恐ろしくデカくなるのでは?そんな要らぬ心配もしつつも、結局いい加減な鉢替えは無事終了。
後は元気に育ってくれる事を祈るばかりです。

FraxinusFraxinusFraxinusFraxinusFraxinusFraxinus

Fraxinus

Related posts

コメントを残す