製材所(大阪住之江)

lumber mill

以前の物件でお付き合いした建具屋さんの計らいで、今日午前中は大阪の製材所で原木を切り出す作業を見学させてもらいました。もともと材木屋の息子だったことから原木から買い付けをしている、ちょっと珍しい建具屋さんです。
この建具屋さんが買って一年ほど寝かせていた米松の原木は、直径が85〜90センチ。切り出し前、貝を掻き落すのにゴロンと転がった様子は引き揚げたクジラの様。質の良い木材には貝も良く付くそうです。今回は建具用では無いとのことですが、巾の広い板材を取るからちょっとは見応えもあるよ、とお誘いを頂きました。
製材の様子を見るのは始めてです。普段、現場や工場で見慣れている加工が済んでしまった材木とは、まるで違って生きている感じがします。大きなベルト状の製材ノコで切り出されると、巾一杯に木目が浮き出て更に迫力。木材問屋が売り残してしまったこの原木を、建具屋さんは安値で引き取ったらしいのですが、スタイルが良く木肌も上々で、ソツ無く製材が済み喜んでいました。
そして海には、どこかの業者さんの買い付けが済んで、いずれ切り出される丸太が一面に浮かんでいます。と書きたい所なのですが、なんだか少し寂しい様子。実はもっと壮観な様子が見られるのだろうと期待していました。今日訪れたこの製材所のある木材市場は、どちらか言えば一品ものを買い付けに来るような、どちらか言えば上物を置いている市場だそうですが、この数年需要は激減し、こうした切り出しが毎日行われている訳ではないのだそう。
木造の住宅が見直されていると言われる最近の状況と、現場は少し様子が違って見えてきました。同じ木材でも、構造に使われるような柱や梁は価格の安い地方に流れ、アメリカや中国で製材の済んだ材木を置いてあるだけの問屋さんも多くなり、この大阪の木材市場は危機的な状況にあるのだそうです。今日、製材をしていただいた切り出しをした工場に専門の職人さんは一人、後に続く若い人も育たず、木造住宅が更に需要ができたとしても対応が追いつかず、先に希望の見えないこの業界はどうする事も出来ないのだろうと建具屋さんは言っていました。
建築に携わりながら、そんな状況を把握出来ていない自分が少し恥ずかしい気がします。製材を見学した後、周辺の市場を廻りながら建具屋さんに教えてもらったそうした話は、この後どうなるのか。人事ではなく真剣に考えないといけないように思います。

lumber milllumber milllumber milllumber milllumber mill

lumber mill

Related posts

コメントを残す