関西での建築家の家の危機?

今日はとある建築家マッチング会社主催の建築家の懇親会に参加しました。
なので、少々ほろ酔い気分です。。。
とあるその会社は関西での営業を撤退すると表明したところでした。
その理由としては、関西での建築家の家に展望が見えないというのです。
関東のそれに比べて、伸び率が見えないと言うのです。
ただ正直に、その懸念に対する自分の意見がまだ持てません。
確かに関西での建築家の存続は楽では無いような気がします。
とは言え、周辺の建築家の意見を聞いても、微量ながらも物件数は増えている様にも見えます。
であったとしても、全体としては関西での伸びはとても右肩上がりと言えないのかも知れません。
それにはきっと理由があるのでしょう。
しかし、その理由は何なのでしょうか。
関西の建築家の多くは地位の向上を如何にすれば良いか悩んでいるように思います。
もちろん自分自身も例外ではありません。
建築家の家とは何なのでしょう。ご意見あれば賜りたい気分です。

ブログ2日目というのに明るい話題でなくて、すみません。

Related posts

コメントを残す